Do! Magazine読みものコンテンツ

Home > Do! Magazine > Knowledge > コツを覚えれば簡単!ハンギンググリーンのお手入れ方法

Knowledge

お客様への説明にも役立つ! 植物にまつわる、豆知識。

コツを覚えれば簡単!ハンギンググリーンのお手入れ方法


壁や天井から植物を吊るすハンギンググリーン。
変わった植物を使っていたり、土に植わっていなかったりするので
「水やりはどうすれば?」という質問もよくいただきます。

確かに鉢植えの水やりとはちょっと違いますが
ポイントさえ押さえれば簡単に育てられるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

基本の水やり

resize_DSC04295a

  土台のココヤシやミズゴケが乾いたり、
  葉っぱがちょっとしなっとしてきたら
  水を欲しがっている合図です。

  バケツなどに水をはり、
  植物ごとざぶんと浸します。

  全体に水が行き渡ったら、
  水が滴ってもいい場所に吊るしておきます。

 

植物別 お手入れのコツ

ここからは植物ごとの特徴やちょっとした手入れのコツ。

ビカクシダ

bikakushida  生長とともに広がる根本部分は『貯水葉』と呼ばれ、
  ここから水分を吸い上げています。
  だんだん茶色くなっていきますが、
  枯れているわけではないのでご注意を。

  乾燥する室内ではこまめに霧吹きで葉水をします。
  葉っぱがしおれたように垂れ下がり始めたら水不足のサイン。
  基本の方法でたっぷり水をあげます。

  >ビカクシダ流木ハンギング
  >ビカクシダコケダマハンギング

多肉植物系

cactushanging

  >ディスキディアワイヤーハンギング や
  >ワイヤーハンギングブラックポット 
  はタイ原産の多肉植物。
  野生では木や岩に着生している植物たちなので、
  ココヤシの繊維に仕立てています。

  水やりの目安は、ココヤシが完全に乾いているか
  葉っぱに少しハリが無くなって来た頃です。
  暖かい時期なら1週間に1度程、基本の水やりをします。
  秋~冬の寒い時期は水やりを控え目に。

  また、ディスキディアは特に寒さに弱い植物。
  必ず室内の暖かい場所で育てて下さい。

 

チランジア(エアプランツ)

  水やり要らず、と思われがちなチランジアですが
  生き物なので水をあげなければ枯れてしまいます。
  逆にこまめに水をあげることで、
  新芽が出てきたり花が咲いたりすることも!

  普段は1週間に1~2回、霧吹きで全体を湿らせます。
  水やりを忘れていた時や元気がなくなってきた時は
  水をはったバケツに6時間ほど浸します。

  また、水やりの時は↓この2点に注意です!
  ☆水をあげた後は風通しの良い日陰に置く
  ☆冬場は午前中に水をやり、夕方までには乾かす
商品は写真左から
>チランジアマスハンギング  >チランジアカンガルーポケット
>チランジアポリヘドロンチェーン  >ウスネオイデスワイヤーハング

(再掲)

このページの先頭へ