Newsイベント、セール情報などを発信中。

Home > Information

深みのある色と艶が特徴の「ディープポット」発売です

「ディープポット」シリーズは、
テラコッタのポットにガラスのようなツヤ感が特徴の釉薬を塗って焼き上げています。
深みのある色と艶、素材感の独特な個性から、
植える植物のインテリア性をより引き立ててくれます。
手作業で仕上げているので、ふちの形はひとつひとつ違う味わいです。

KSO_8641 KSO_9268

「貫入(かんにゅう)」仕上げのこと

 

DSC04819 ディープポットには、
 細かいひびのような模様が入っています。
 これは「貫入(かんにゅう)」という技法で、
 陶器を焼き上げてから冷ます時の
 素地のテラコッタと、艶を出す釉薬の収縮率が違うことを利用して
 あえて釉薬の下にひびを作るものです。
 ただツルンとしているよりも、合わせる植物の幅が広がります。

 

バリエーション

 

deeppot1 deeppot4
deeppot2
deeppot3 
ディープポットとの相性がベストな植物をチョイスした、
植物とセットの商品も間もなく発売予定です。
58438  5842258423_1

お取扱いについて

 ・ポットはすべて底穴が開いていません。
 植えた植物に水をあげた後は、鉢を傾けて余分な水を捨てて下さい。

・セットのソーサー(受け皿)はデコレーションで、受け皿としての機能はございません。

・鉢内部には簡易防水処理を施していますが、
 まれに鉢表面から水が滲み出る場合がありますので、
 特に室内では置き場所に十分ご注意下さい。

展示会人気No.1のシリーズ、「ECOウォール」予約にてほぼ完売です!

展示会での人気が非常に高かった、ECOウォール
ポケットに苗を入れるだけでグリーンのアートフレームが簡単に完成します。
壁からグリーンが飛び出す姿はまるでアートのよう!!
人気のため既に一部予約完売となっているものもありますので、次回入荷をお待ちください…!
次回は5月中旬ごろの入荷を予定しております。

resize_DSC04493  KSO_9077

バリエーション

 

ポケットの数は全5種。ポケット1つのサイズはどれも同じです。
※形によって色が決まっています。
>>商品ページはコチラ
63661_1

使い方

DSC04785  ポケットには角度がついているので、
  ビニールポットに入った苗をそのまま入れられます。
  3号苗がぴったり収まる大きさです。
  (ポケットサイズ HWD:9cm)

  水やりは、製品の劣化や植物の根腐れを防ぐため、
  ウォールから取り出して行い、水をよくきってから再び戻します。
  水やり頻度の少ない、乾燥に強い植物を入れるのがオススメです。

DSC04778

  ※土や水が入ると、かなりの重さになります。
  安定した壁面にしっかりと取り付けて下さい。

 

 

 

ディスプレイのコツ

似た雰囲気のプランツを合わせるのもいいけれど、
葉っぱの形やボリューム感が異なるものを敢えてバラバラにアレンジすると
よりインパクト大!な組み合わせが楽しめます。
思い切ったチョイスでカッコいいディスプレイを楽しみましょう!

また、無理にすべてのマスを埋めなくても、
空いたマスを作ることで空間に「抜け」ができて落ち着きます。

>>ブリキECOウォール 商品ページはこちら

人気のアクアテラポットに、チョークで描ける「コクバン」2種が登場!

KSO_9199インテリアグリーンのアイテムの中でも、
水やりが簡単で人気の高いアクアテラポット。
そのシリーズに、チョークを使ってメッセージが描ける
「コクバン」が登場しました!
手書きメッセージを描くだけで何となく愛らしくなっちゃいます。

吊るしておくだけでサマになるので、
身近なところに置いて植物入りのメッセージボード!
というのもおすすめです。

売り場づくりのヒント

店内に散らして飾るのはもちろんですが、
たくさんまとめて吊り下げるディスプレイもグッと目を引きます。

バリエーション

三角すいの「コーン」タイプと、「ハンドルバケツ」の2種。
どちらも紙に包まれたチョークが付いています。
58406 58407 IMG_4629

植物のお手入れ

58217_4アクアテラポット(底面給水)といって、器が二重構造になっているタイプ。
外側の器に水を溜めておくと、内側のポットから出ているヒモを使って、植物が水を吸収します。 
常に水を溜めておくのではなく、水が無くなってから2~3日後に水を注ぐようにすることで、植物がより元気に育ちます。

>>アクアテラポット コクバン の商品ページはこちら

天然素材で作ったハンギングバスケット”NOKI” 発売開始

KSO_9049軒下につり下がっている姿をイメージして作った商品だから、シリーズ名は”NOKI”。
ツルが伸びてボリュームが出る植物によく合います。
太陽の光やライトで、壁や床に影が映し出されるようなディスプレイがおすすめです。

手仕事でつくられた模様

手仕事で編みあげられているので、模様の仕上がりはひとつひとつ微妙に異なります。
下から見上げた姿も・・・

DSC04548

バリエーション

右から、ベージュオレンジネイビーピンクレッド の全5タイプです。

noki_info

使い方

DSC04774
内部はビニール張りしてあるので、
植物をポットごと入れて管理ができます。
ハンギング用の5号苗がぴったりおさまるサイズです。
(ハンギング用は通常とは違い、写真のような高さのない鉢です)

東京ギフトショー ディスプレイ大賞を受賞しました!

2015年2月4日から3日間、Do! earth & green は東京ギフトショーに出展しておりました!

Do! earth & green という新ブランドのお披露目の場として、
大きな木をシンボルツリーに、ロゴやイメージを一新したブースを作りました。
DSC04475

スタッフもアイボリーのショップコートで統一!
DSC04427

2015年春夏は植物のバリエーションを大幅にボリュームアップ!
ハンギングタイプのビカクシダやエアプランツ、多肉植物など・・・
植物のカオが活きるような商品に仕立ててご提案しています。
DSC04499

今回はNEWカタログをイメージして、
外はシンボルツリーに真っ白な壁、そこにアートのような植物たち。
DSC04474
中は木製パレットを多く使い、ハンギングやウォールで植物を盛りだくさん使ったディスプレイに。
楽しく商品選びをしていただけるブースを意識しました。
DSC04529
DSC04498
DSC04480

そして・・・なんと今回はディスプレイ部門の大賞をいただきました!
今回のブランドリニューアル、ギフトショー出展にあたってご協力いただいた
たくさんの方々のおかげです。本当にありがとうございました。
DSC04439 DSC04459

その他たくさんの写真を Facebook ページにアップしています。
ぜひそちらもご覧ください!
>> Do! green & earth Facebook

2015.2.4-6 東京ギフトショー出展いたします!

2015年2月4日~6日、東京ビッグサイトにて開催される
東京ギフトショーに出展いたします。

2015年春夏カタログよりHanagokoro Do! Div. は、
ブランド名を『 Do!  earth & green 』 へとリニューアルいたしました。
ギフトショーのディスプレイも、新ブランドのコンセプトをお伝えするため
これまでと大きくイメージを変えたものになっております。
ぜひご来場いただき、新しいDo!を体感してください。

日時:2015年2月4日~6日 10:00~18:00 (最終日は~17:00)

場所:東京ビッグサイト http://www.bigsight.jp/
   東展示場 東5ホール ブースNo. 5015-18, 5037-40

2015年2月ギフトショー連動企画

2014年9月ギフトショー連動企画

2015年2月4日(水)~6日(金)、東京ギフトショーが開催されます!
2015SSからは、新たなブランド ” Do! Earth&green ” として進化する、花ごころDo!事業部。
今回は、新しい世界観をはじめてお披露目できる場として、これまでとは全く異なるご提案・ディスプレイで出展いたします!

ご来場いただける方にも、残念ながら今回は来られない方にも
日頃の感謝と進化したDo! の雰囲気をお伝えできるよう、ギフトショー連動企画をご用意しました。
ひとつめは、注文合計金額から5%お値引き!  そしてふたつめは、15SS新商品のご予約受付です!!

 

WEB受注5%値引き

2015年2月のギフトショー期間中に限り、ウェブサイトにてご発注いただいたWEB会員様は、
もれなく 下代合計金額からさらに5%オフ!! となります。
会場で注文するもよし、会場で商品をチェックして帰ってから注文するもよし、、ご都合に合わせてご活用くださいね!

5%値引きキャンペーン詳細
特典: 下代合計金額より5%値引き
期間: 2015年2月4日(水)AM9:00 ~ 6日(金)PM5:00
対象: 期間中WEBにてご発注、もしくは会場にてご発注いただいたWEB会員様
送料: 値引き前の下代が¥20,000以上(税込¥21,600以上)で元払い

  • 期間中は、通常通りのご発注で自動的に5%値引きが適用されます。
  • 値引き額は、決済画面の注文明細に「優待会員割引金額」として表示されます。
  • FAXでのご注文は当キャンペーンの対象外です。
  • ギフトショー会場でのご注文の際は、スタッフがその場でウェブ注文を承ります。その際は必ずウェブ会員様であることをスタッフがまでお知らせください。
    また、会場でのご注文には会員ID/パスワードが必要です。予めご用意をお願いいたします。

 

2015SS 新商品予約受付

ギフトショーの期間中(2/4~2/6)限定で、ウェブでも新商品のご予約を承ります!
ご予約方法は、いつものご注文と同じようにカートに入れて注文を確定するだけ!
入荷数量が限られている商品もありますので、この機会をお見逃しなく。

新商品予約受付 詳細
特典: 2015SS新商品がご予約可能
期間: 2015年2月4日(水)AM9:00 ~ 6日(金)PM5:00
対象: 期間中WEBにてご発注、もしくは会場にてご発注いただいたWEB会員様

  • 『◆予約商品◆』の表記がある新商品のみ、ご予約を承ります。
  • 通常商品と合わせてご注文いただけます。
  • 通常商品と予約商品を合わせてご注文の場合、
    通常商品分のみ先にお振り込みいただいた後すぐ出荷、予約商品分は発売後に改めてご請求させていただきます
  • 発売時期が異なることにより分納となってしまう場合の送料については、元払いとなります。
  • 商品名記載の発売日は、現時点での予定です。輸送の状況により遅れる場合があります。

多肉サボテンCAN 発売開始!

空き缶をリメイクして多肉系の植物を植えこむのは、
植物好きの人たちの間でおなじみのワザでもあり、密かなブーム。

アンティーク風のラベルを巻きつけたカン(全6種)に、
相性ぴったりの多肉植物やサボテンをセットしています。

バリエーション

缶のラベルは全6種各1点ずつ、植物はアソートです。
写真は左から、「ウチワサボテン」「カランコエ」「エケベリア」「マミラリア」「ハオルチア」「エキノプシス」
※これらの品種をお届けするとは限りませんので、ご了承下さい。

水やり


土の表面が乾いてから2~3日空けて水をやります。
春~秋は生長するため、2~3週間に1度くらいの頻度になると思いますが、
冬は休眠するのでさらに頻度を少なめにします。
また、この器には底穴が開いていません。
水をたっぷりやった後は、器を傾けて余分な水を捨てるようにします。

grow & eat 栽培セット デリ 発売しました!

まるでデリカテッセンで使われているようなカップで、育てやすく使いやすいハーブ類を育てるセット。
キッチンで育てて、欲しい時に少し摘んで使う。そんなシーンをイメージしました。
各ハーブのおすすめの使い方に合わせて、
「 Salad 」「 Soup 」「 Sweets 」の3つのテーマに分かれています。
※種類によって、発売時期が2つに分かれています。

 

お店でのご提案

ガーデンコーナーだけではなく、キッチンコーナーでのご提案にもぴったり。
わざわざ買うほどは要らないけれど、アクセントに少し欲しい・・、という料理好きの方にこそおすすめしていただきたい商品です。
店頭用のパッケージに入れてお届けするので、ぜひご活用下さいね。

バリエーション

 

 

セット内容 / 育て方

セット内容:
 <育て方>
・カップの底に、水抜き用の穴を数箇所空けます。
(小さいと水が出ないことがあるので、やや大きめに)

・土をカップに入れ、全体を水で湿らせます。

・表面に何箇所か凹みをつくり、タネをまきます。

・種の上に薄く土を被せ、静かに水をやります。

 

・プラスチックのフタは、そのままソーサーとしてお使いいただけます。
・発芽するまでは土が乾かないよう注意します。
・本葉が出てきたら、植物の種類に合わせて間引きをします。

grow & eat 栽培セット デリ 発売しました!

まるでデリカテッセンで使われているようなカップで、育てやすく使いやすいハーブ類を育てるセット。
キッチンで育てて、欲しい時に少し摘んで使う。そんなシーンをイメージしました。
各ハーブのおすすめの使い方に合わせて、
「 Salad 」「 Soup 」「 Sweets 」の3つのテーマに分かれています。
※種類によって、発売時期が2つに分かれています。

 

お店でのご提案

ガーデンコーナーだけではなく、キッチンコーナーでのご提案にもぴったり。
わざわざ買うほどは要らないけれど、アクセントに少し欲しい・・、という料理好きの方にこそおすすめしていただきたい商品です。
店頭用のパッケージに入れてお届けするので、ぜひご活用下さいね。

バリエーション

 

 

セット内容 / 育て方

セット内容:
 <育て方>
・カップの底に、水抜き用の穴を数箇所空けます。
(小さいと水が出ないことがあるので、やや大きめに)

・土をカップに入れ、全体を水で湿らせます。

・表面に何箇所か凹みをつくり、タネをまきます。

・種の上に薄く土を被せ、静かに水をやります。

 

・プラスチックのフタは、そのままソーサーとしてお使いいただけます。
・発芽するまでは土が乾かないよう注意します。
・本葉が出てきたら、植物の種類に合わせて間引きをします。

このページの先頭へ