お知らせ

Home > Information

ディスキディア ワイヤーハンギング 販売終了のお知らせ

今年も大変ご好評いただいていた ディスキディアワイヤーハンギングですが、
今期の販売数量は完売、
本日(10/28)を持って販売終了となりますのでお知らせいたします。

ディスキディアは来春も展開予定です。
ぜひお楽しみに!

58425 58426

秋の売り場に必須!Antwerp再入荷です

KSM_7970 毎年秋になると注文が集中するAntwerp!
 品薄状態が続いていましたが、再入荷いたしました。

 全て天然素材、手作業で作られているAntwerpは、
 シックな色合いで秋~冬の雰囲気にぴったり。
 テーブルコーディネートとしてのご提案もおすすめです。

 ソラフラワーについて

66344バラのような花は、
“ソラ”という木の皮で作られています。
ふわっとした質感のソラフラワーに
アロマオイルなどを染みこませれば、
ルームフレグランスとしてもお使いいただけます。

 

人気商品TOP3!

66348   66801   66991
No.1 スティックブーケ ホワイト     No.2 バスケットブーケ ピンク      No.3 リース クリーム

Plastiaシリーズ 待望の再入荷です!

大変おまたせいたしました!
2015年5月頃から欠品が続いていた、
Made in チェコ のPlastiaジョーロ&スプレーが入荷しました!

☆画像クリックで商品ページへ

     63622 63623 63624

63625 63626 63627

プラスティック製のジョーロの魅力は、まずは何と言っても軽いこと。
4リットル目一杯いれても作業の負担になりません。

人気商品ですので、ご検討はお早めに!

Plastia ポンプスプレー仕様変更のお知らせ

いつもDo! earth & green ウェブサイトをご利用いただき、ありがとうございます。

今回2015年10月に入荷しました、
Plastia ポンプスプレーに仕様変更が発生しておりますのでご案内いたします。

今回の入荷分は、本体の形状と絵柄に変更がございますが、
基本的なサイズや容量はこれまで通りとなっております。
特に以前ポンプスプレーをご注文いただいたことのあるお客様におかれましては、
ご確認の上のご注文をお願いいたします。

>>商品ページはこちら

ポンプスプレー仕様変更

 

イタリアの本格派ワークブランド”SEBA”のグローブ 発売です

KSO_7870_Rlogo sebaイタリアの本格派ワークブランド”SEBA”は、
1968年にグローブの製造からスタートし、
現在は「作業」に関するあらゆるツールを取り揃えている総合ブランド。

プロ仕様のグローブだから、品質や機能は折り紙つき!
イタリアならではのカラーリングやワンポイントも魅力です。
用途に応じて、ガーデニングやDIYなど色んなワークシーンでお使い下さい。

(2015.10.13 人気のため既に欠品となっている商品もございます。ご注文はお早めに!)

商品ラインナップ

※画像クリックで商品ページへ

636736367663677

63678 63679 63680

 

 

グリーン初心者さんにもおすすめ!水苔植えの「コスタポットプランツ」発売です

KSO_7774_R

Do! earth & green の商品だけでも色々な植え込み方の植物がありますが、
この「コスタポットプランツ」は、土ではなくミズゴケとハイドロで植えこんであります。

植わっている植物はやや変わったものですが、
清潔で水やりがしやすく、室内でも元気に育ってくれるので、
実は初心者の方にこそ育てて欲しい、本当におすすめのグリーンです。

“ミズゴケ植え”の3つの特徴

生産者さんのこだわりが詰まっている

植え込みをしていただいているのは、植物の特性をとことん追求する熱心な生産者さん。
乾燥にも強めのプランツを選び、
植物が根を張りやすいように、あえて土を使わずミズゴケとハイドロで植え込むという
こだわりが詰まったひと鉢なのです。

水やりのタイミングが分かりやすい

植物に水をやる時は、
土を触って湿り具合を確認したり、鉢ごと持ち上げて重さをチェックしたりします。

室内で長く楽しめる

土よりも保水性が低めな分、植物はゆっくり生長します。
ツルや茎が伸び放題にならないので、室内でも長い間楽しめます。

育て方

置き場所
レースカーテン越しの窓辺など、明るく風通しの良い場所

水やり
水苔を触ってパサパサに乾いていたら、50~100ccの水を与えます。
一度しっかり水が染ませた後、鉢ごと傾けて余分な水は捨てます。
水苔が常に湿っていたり鉢に水が溜まっていたりすると、根から腐っていってしまうので要注意です。
暖かい時期なら週に1度くらいが水やり頻度の目安ですが、
日にちを決めるのではなく、植物や水苔の様子から判断するクセをつけると
より植物を育てるのが楽しくなりますよ♪

 

アソートに含まれる主な品種

※下記のような品種から、時期によって最適なものをお送りいたします。

58489_1

 

カランコエ系 (写真は「仙女の舞」)

 

 

ホヤ系

 

58489_4

 

リプサリス系

「ディスキディアAアソート」好評につき完売!! 希少品種のBアソートは10月末まで。

昨年より大変ご好評いただいており、
リピートも多い「ディスキディアワイヤーハンギング」ですが
「Aアソート」は9月末で完売いたしました!

「Bアソート」はまだ数量に余裕がありますが、
10月末頃までの期間限定となっておりますので、
ぜひお早めにご検討ください。

ディスキディア ワイヤーハンギング B

  葉脈の模様がかわいい「オバタ」と、
  ちいさなハート型の葉っぱが連なる「ルスキフォリア」
  どちらもまだ国内にはそれほど出回っていない
  希少な品種です。

  寒さには弱い品種ですので、
  室内などの暖かい場所で育てて下さい。

  ディスキディアの詳しい育て方はこちらから!
  >>ディスキディアの育て方/ スタッフブログ

アクアテラポット新商品各種 発売遅れのお知らせ

2015AW新商品のうち、下記商品の入荷が遅れております。
当初9月下旬の発売を予定しておりましたが
製品事情・輸送事情により入荷が遅れており、発売が10月下旬頃となる予定です。

導入をご検討いただいているお客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、
ご理解のほど何卒よろしくお願いいたします。

—– 対象商品一覧 —————————————————————————————————

「ATP 2016」      「ATP パーティーB」      「ATP ログセメントS」      「ATP ログセメントL」
58492 58493 58490 58491

ご不明な点は弊社までお問い合わせくださいませ。

KOKEDAMAリプサリス 発売開始!

人気急上昇中の植物「リプサリス」をハンギングタイプのコケ玉に仕立てた、
「KOKEDAMA リプサリス」が発売です!
>>商品ページはこちら
KSO_7819_R

コケ玉といえば素朴なイメージですが、
KOKEDAMAリプサリスは、ビビッドカラーのコードがアクセントとなり、
モードな世界観にもぴったりの旬なアイテムです。

また、リプサリスはとても育てやすい植物で、
少々の日陰でもOK、サボテンの仲間ではありますが湿気が好き、など
実はコケ玉仕立てにもってこいなのです。

↓↓ リプサリスについての詳しい情報はこちらでチェック!

KOKEDAMAリプサリスの管理方法

置き場所

強い日差しを避けた明るく風通しの良い場所で育てます。
もともと熱帯雨林の茂みの中に自生しているので他の植物に比べれば日陰には強い方ですが、
明るい場所で光合成させてあげることで、より元気に生長してくれます!

水やり

DSC_0219コケ玉の部分が乾いて軽くなってきたら、
バケツなどに水をためてコケ玉ごと沈めます。
しっかり水を含ませたあとは、風通しの良い場所に。
暖かい時期は、時々「葉水」をするとより元気に育ちます。
多肉質な植物ですが、
いわゆる「多肉植物」に比べて水を好みます。

 

58485_4 58485_1 58485_2 58485_3

>>商品ページはこちら

多肉ジュエルグラス 発売です!

58477_2
透明感が美しいガラスの器に多肉を植えた
”ジュエルグラス” シリーズが発売です!

ぷっくりとツヤ感のある葉っぱは
まるで宝石のよう!
ジャンクっぽい雰囲気に合わせるのが
主流な多肉植物ですが、
大人な印象のアレンジで
テーブルデコレーションに合わせるのは
いかがでしょうか。

 

商品ラインナップ


58477_1 58476_4
多肉寄せ植えジュエルグラス ¥2,600     ミニ多肉ジュエルグラス ¥1,800

 

多肉の”旬”のこと

植え込む植物は、その時々に一番映えるものを選んでいます。
年中グリーンを楽しめる観葉植物も良いですが、
季節によって雰囲気の変わるのが多肉植物の魅力です!

ちなみに・・・品種にもよりますが、四季の移ろいはこんな感じです。
<春> うまく育てるとこの時期に花が咲く(※咲かない品種もあります)
<夏> 葉は鮮やかなグリーンに
<秋> 気温が下がると紅葉(※紅葉しない品種もあります)
<冬> 休眠期 葉が薄いものは落葉することも(※夏に休眠する品種もあります)

紅葉を楽しむのにはコツがあったりします。 >>冬まで楽しめる紅葉?/ Do! スタッフブログ

「多肉ジュエルグラス」の育て方

このシリーズに限らず、多肉植物はこんなことに気をつけて育てます。
★日のよく当たる明るい場所に置く
  暗い場所に置く場合でも、定期的に日光浴はさせましょう。
★寒さはそこまで気にしなくてもOK、ただし霜には注意
★水やりは「土が乾いてからさらに1週間がまん」
  多肉植物は体に水を蓄えることができます。
  土が乾いてもそこから1周間は水やりを我慢して、葉っぱが水不足でシワが寄ってきた頃にあげます。
  常に湿っていると根腐れをおこして枯れてしまいます。

そして、水やりの注意点がもうひとつ。
この器には底に穴が空いていないため、水をやると溜まってしまいます。
水をたっぷりあげたあとは、器を傾けて余分な水を捨ててください。
DSC_0189 DSC_0191

このページの先頭へ